花蘭咲(からんさ)の副作用ってあるの?徹底検証の結果は?

花蘭咲(からんさ)は、髪に悩みがある女性に人気がありますが、頭皮に直接塗るものですので副作用がないのか気になります。

この記事では、副作用があるのか調べてみました。

一般的な育毛剤で副作用が起こる可能性


化学物質による脱毛

育毛剤には2つの種類があります。化学物質を使う薬と使わない育毛剤です。花蘭咲(からんさ)などの一般的な育毛剤は医薬部外品ですので、体への影響は少なく、大きな副作用は起きないと言われています。

しかし、医薬品の育毛剤は、含まれている強い成分のために、脱毛が副作用として起こるかもしれません。まれに、特にミノキシジルを含む育毛剤では、使用後に脱毛が発生する可能性があります。

さらに、初期の脱毛は、医療用製品と医薬部外品のい育毛剤両方で発生する可能性があります。

 

初期の脱毛

育毛剤を使用して数週間後に一時的な早期脱毛が起こることがあります。

この脱毛は、次に強い毛を成長させるために必要な脱毛であり、中途半端に成長している弱い毛が成長により脱毛することです。

薄毛の一つの原因として、毛周期が乱されていることがあります。

育毛剤の使用は血液循環を促進し、そして毛髪生産に必要な成分は頭皮および毛穴に達します。

その結果、頭皮環境が整い、毛周期が正常化すると、古い細胞が新しい細胞に変換され、弱い毛が抜けて、次に健康な毛を成長させるための準備期間に入ります。

顔の発汗と頭皮発疹

花蘭咲(からんさ)には含まれていませんが、ミノキシジルは強力な血管拡張作用を持ち、その作用により頭皮に多くの栄養素を送ることができる画期的な成分です。しかし、ミノキシジルの影響により、顔の発汗と頭皮の発疹が子供になることがあります。また、血圧を下げる効果もあるので、低血圧の人は控えるようにしてください。

このように、ミノキシジルなどの強力な成分が育毛剤に使用され、一部の人々ではアレルギー反応が発生する可能性があります。そのため、育毛剤を使用する前にパッチテストを試してみましょう。

 

花蘭咲(からんさ)に起こる副作用はありますか?

結論として、花蘭咲(からんさ)には副作用がありません。

花蘭咲(からんさ)はすべて自然由来の天然成分から作られた育毛剤です。

花蘭咲(からんさ)に含まれている天然由来成分

花蘭咲(からんさ)では、「センブリエキス」、「塩酸ピリドキシン」、「ニコチン酸アミド」のほか、10種類の天然成分で作られています。

ミノキシジル、パラベン、界面活性剤、乳化剤、香料などの化学物質を使用せず、自然の力で髪に栄養を運び、人間の自然治癒力で髪の成長を促進します。

医薬用育毛剤は強い成分で血行を促進することで頭皮や毛根にもっと成分を送る機能があります。一方、アレルギー反応は頭皮の環境を乱すことがあり、それが発毛を妨げることがありますが、花蘭咲(からんさ)は違います。

頭皮環境を作り上げ、有効成分をやさしく届けます

発毛を阻害する1つの要因は頭皮環境の酸化です。

皮脂が蓄積すると、ストレスや食習慣の乱れのために、頭皮は不衛生な環境となり、頭皮は酸化し始めます。酸化した頭皮は毛根を傷つけ、激しい臭いを引き起こす可能性があります。

花蘭咲(からんさ)は抗酸化作用があり、頭皮環境を調整するためにセンブリエキスとニコチン酸アミドを含んでいます。

また、このセンブリエキスとニコチン酸アミドは血行促進作用があります。

髪に必要な3つの栄養素は、タンパク質、亜鉛、ビタミンですが、どれだけ栄養を摂取しても頭皮に届かないと、髪の毛の成長が期待できません。花蘭咲(からんさ)は天然成分の力で血行を促進します。

特に、頭皮の環境を改善し、同時に血液循環を促進することができるのは、エビネ蘭エキスです。

エビネ蘭エキスは人為的な栽培が困難であり、天然に栽培されている天然の球根蘭から集められた貴重な抽出物です。これには、カラントサイド、グルコインディカン、トリプタントリンなどの有効成分が含まれています。副作用を心配することなく、育毛を望む人々のために必要な成分が豊富に含まれています。

花蘭咲(からんさ)で副作用が発生した場合

花蘭咲(からんさ)はすべての天然成分でできている育毛剤ですので、副作用は発生しません。

しかし、それでも異変があったとすれば、それは副作用ではありません。

アレルギー反応の可能性が高いです。

そのような避けられない症状が発生した場合は、ただちに使用を中止し、皮膚科の医師に相談しましょう。